キャッシング審査在籍確認navi

キャッシング審査在籍確認navi | 借入審査で電話連絡なし?家族や職場バレなしでお金を借りることは可能?

キャッシング審査在籍確認naviへようこそ。当サイトでは借入審査で電話連絡なし、家族や職場バレなしでお金を借りることができる消費者金融・銀行の情報をまとめています。

消費者金融のおまとめローンは総量規制の対象外なの?【審査比較】

読了までの目安時間:約 7分

 

銀行や大手消費者金融は「おまとめローン」という商品を提供しています。

「おまとめローン」がどのような商品なのか分からなくても、おまとめローンの名前だけは聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。
おまとめローンとは、いくつかの金融機関でしている借金を一つの金融機関からの借入金で完済してしまう商品です。


 

たとえば、複数の消費者金融でキャッシングをしている場合、それらは高金利で月々の支払いが大変ですよね。それらを、もっと低金利のおまとめローンによって完済し、借金の支払い口を一つにまとめてしまえば、月々の返済額の大幅な減額が見込めますよね。


 

借金を一本化してしまうことで管理が楽になりますし、総返済額も減額できますので、たくさん借金があって悩んでいる人はぜひ検討してみてください。

低金利、借入限度額を追及したオリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン
 

オリックス銀行カードローンは、低金利で借入限度額も大きい、その上に銀行としてはかなり早い即日審査の融資スピードがあります。

 

最近は変化が早い時代になった分、お金もいつ必要になるか分かりません。
したがって、借入も必要に応じて素早く借りれるカードローンが求められています。

 

オリックス銀行カードローンは、そんな時代の必然が生み出した理想的な銀行カードローンだと言えるでしょう。

キャッシングをキャッシングで返すよりも、オリックス銀行カードローンで借金一本化をして完済しまう方がお得です。

 

オリックス銀行カードローンの長所
○金利3.0%~17.8%! 下限の3.0%は金融業界でも最も低い水準です
○最高限度額が800万円なので、色々な人が借り換えに利用することができます
○希望限度額が300万円以下ならば所得証明書が必要ありません
○申込み、借り入れ、返済のすべてがwebで済ませられるので手間がかかりません
○提携ATMは借り入れ、返済、すべて手数無料なのでイライラしません

 

オリックス銀行カードローンの詳細はこちら

 

 

銀行だけでなく消費者金融もカードを発行して、自由にお金を借入して使うことができます。
消費者金融は銀行カードローンよりもやや金利が高めですが、すぐに返済してしまえば金利はそれほど気にはなりません。
また、大手消費者金融プロミス、アコムは初回は30日間の無利息期間があるので、使い方によっては銀行カードローンよりもお得です。用途に応じてぜひ使い分けてみてくださいね。

即日融資可能な消費者金融ランキング

1位 即日融資と無利息キャッシングが強みのプロミス

200*200

 

プロミスの強み
○消費者金融の中では高水準の金利 4.5~17.8% 上限金利だけ注目すればオリックス銀行にも匹敵!
○メアド登録、WEB明細利用、初回に限り30日間の無利息キャッシング!
○女性向けの専用ダイヤルもあり、女性も安心して利用できます
○最短の場合、即日融資を受けることも可能です

 

 

プロミスの詳細はこちら

 

2位 即日融資と金利ゼロ期間のアコム

アコム

 

アコムの強み
○金利は4.7~18.0%だが、初回限定で最大30日間金利ゼロなので使い方によっては銀行よりもオススメ
○金利よりもスピード重視。即日融資の可能性が高い
○フリーターやアルバイトなど安定して収入を得ている人ならば利用できる可能性がある
○楽天銀行に口座があればいつでも24時間振込可能

 

 

アコムの詳細はこちら

 

 

3位 即日融資とWEB完結申込みの利便性が高いモビット

お二人 200x200

 

モビットの強み
○金利は4.8~18.0%とキャッシング業界の中でも高めだが、WEB完結申込みは魅力的

○WEB完結申込みを利用すると、契約のための郵送物や電話連絡がないので、家族にお金を借りたことを知られる心配がない
○即日融資にも対応。
○会員専用サービス「Myモビ」が便利で、振込や照会をネットからできる

 

 

モビットの詳細はこちら

 

 

 

消費者金融のおまとめローンは総量規制の対象外なの?

最近、借入の関する書籍を読んでいると、総量規制という言葉が出てきますが、総量規制とはどういった意味なのでしょうか。

 

総量規制とは貸金業法の決まりのことです。

具体的には、個人の借入を年収の3分の1までに制限する決まりで、銀行以外の金融機関がその対象となっています。よって、消費者金融のキャッシングは総量規制の対象ですし、信販会社のクレジットカードのキャッシング機能も総量規制の対象となります。(クレジットカードのクレジット機能については総量規制の対象ではありません)

しかし、消費者金融でも唯一、総量規制の対象とならない金融商品があります。
それは、おまとめローンです。

顧客にとって有利になる借入であれば、消費者金融のおまとめローンは総量規制の対象外となりますので、年収の3分の1を超える大きな借り入れであっても契約することができます。

しかし、消費者金融のおまとめローンの場合、銀行ほど金利が低くないということと、最高借り入れ限度額が小さいことから利用できない人がいるという欠点もあります。

銀行のカードローンの場合、金利が低く、最高借り入れ限度額も大きめに設定されているので、おまとめローンとして利用するのに適した商品と言えるでしょう。

もし、どのおまとめローンを利用しようか迷っている人がいるのなら、まずが低金利の銀行のカードローンを申し込んでみるのがおすすめです。

 

当サイト『おまとめローン借り換えwiki | おすすめカードローン比較と低金利銀行系サービスなど』でおすすめしているオリックス銀行カードローンは、低金利というだけでなく借入限度額も大きいので、複数のまとまった借金のおまとめ、借り換えにも対応することができますよ。


※ モビットの即日融資については、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。

 

おまとめローン【借り換えて一本化】 未分類   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る